人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2018. 11. 02.

カローラ ハッチバックの撮影車でトヨタとケン・ブロックのチームのコラボが実現

10月30日に開幕されたSEMAショーに、米国トヨタが特殊な走行映像の撮影のために製作した「カローラ ハッチバック(日本名:カローラスポーツ)撮影車仕様」を出展した。

このクルマはトヨタと華麗なドリフトで名高いラリードライバー兼スタントマン、ケン・ブロックが主宰するチーム「フーニガン」のコラボレーションで実現したものである。

フーニガンがカローラ ハッチバックに白羽の矢を立てた理由は、走行性能の高さによる撮影用としての素性の良さによる。最高の機材を積んで最高の動画を撮る為にに目をつけたとのことだ。

積み込まれる機材は、ウインドスクリーンの先まで伸びるブームと、ブレを抑えるジンバル、そして高解像度のカメラなどで、これらは車内からジョイスティックでコントロールできる。従来の撮影車にはなかった、撮影場所までコンパクトに格納して移動が可能な性能、抜群のフレキシビリティも発揮する。
こうした重量のかさむ機材を搭載しても運動性能に影響がないのは、カローラ ハッチバックだからこそのタフさが生かされている証拠だ。

今回の出展車は、締め上げられたサスペンションにラリー車風デザインの17インチホイールなどの部分的な修正が施されている。シートも6点ハーネス付きのバケットシートに交換されるなど、チューンの内容はレースカーと区別がつきにくい程だから、動画のクオリティも大きく期待できる。

引用元: carviewCARIFEニュース一覧へ