人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

【東京オートサロン2018】元F1王者、ジェイソン・バトンGT500の抱負

東京オートサロン

2018. 01. 14.

2018. 01. 14.

東京オートサロン

【東京オートサロン2018】元F1王者、ジェイソン・バトンGT500の抱負

昨年GT500の第6戦鈴鹿1000㎞にスポット参戦したジェイソン・バトンが今年、2018年はGT500に参戦するのでは?という憶測はあった。昨年、鈴鹿サーキット場で元F1王者のジェイソン・バトンの走りを見た時の印象は強い。

そして、GTレースファンの多くの人達が待ち望んでいたように、今シーズンはフル参戦で、ジェイソン・バトンがGT500のチームで走ることになった。

しかも当然チームはホンダだと推測はしやすいが、どのタイヤメーカーと組むかが非常に気になっていた。

しかし蓋を開けてみると、実績豊富なブリジストンと組むことになった。
GTレースは、タイヤ戦争と言っても過言でないくらい、タイヤメーカー各社がしのぎを削って参戦している。

初フル参戦のジェイソン・バトンにとっては非常に魅力的なチームで参戦することが出来る。
結果を残しやすい、残していくのに適したホンダのチームに引き抜かれたのは理想的だ。


今年チームを一緒に走っていくドライバーは、山本尚貴選手。昨年はドライバーズランキング7位だったが、ホンダ陣営の中では、最上位チームだったので、今期は優勝候補の1チームとして期待したい。チームKUNIMITUから参戦する。

ジェイソン・バトンを誘ったのは、ホンダ陣営の山本部長との話をインタビューでも話していたが、まさか山本選手と走るとは。

ジェイソン・バトンもインタビューで、「実績の豊富なチームで走れるのは優勝に近い、また山本選手の豊富な経験を活かして、結果を出していきたい。

ただ、F1と全く違うこのGT500は、また非常に難しいドライビングになる。F1の世界に16年もいて、そこでは私の経験は豊富で、多くの情報を持っているが、GTレースは人生初めての経験。

これから色々勉強していきたい。

まずは、レースまでは体のコンディションを整えていく」

しかも、ジェイソン・バトンと山本尚貴選手の身長差は20㎝もあるので、シートポジションの設定が大変でタイムロスが出るのは?

と思いがちだが、山本選手がインタビューでも答えていた。

「私が、足を伸ばして、ジェイソンの足を若干短くしてくれて、我慢してくれれば、何とかシートポジションは変更せずにいけるはずだ!

しかも、我々の相性の良さは、マレーシアで初めて会った瞬間のF1王者のジェイソンの爽やかな笑顔のあいさつで、分かった!」

「彼のナイスガイな性格と我々の相性の良さを考えたら、十分に戦っていけるチームだ」

今シーズンのジェイソン・バトン、山本コンビの入賞、あるいは優勝に期待したい!

 

 

 

Ban
子供の頃から、父親のハンドルを握るほど、車好きで、今まで20台以上乗ってきた。 20代から世界40か国以上旅をしてきた中で、多くの国で「その国のドライブの楽しさ」を経験してきた。 特に、「車のない生活」を18歳から経験したことがないくらい車好き。 「人生の価値観」その中心に「車がある生活の人」や「あまり興味がない人」に対して、「生活の一部にもなる車」をどう捉えているかということに深く興味を持ち、それを哲学として考えて始めている。
ホームへ戻る