人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

バンコク:高級ショッピングモールでランボルギーニを販売!

PICKUP , 車の市場と世界経済

2017. 03. 22.

2017. 03. 22.

車の市場と世界経済

バンコク:高級ショッピングモールでランボルギーニを販売!

スーパーGT観戦のため、タイのバンコクを訪れた私は朝食を何にするか悩んでいた。
このまま空港内で食事するのは味気ないという結論に達した私は、空港を後にした。
せっかく海外に訪れたのだから、タイの美味い料理を食べたい。

バンコク市内のパノラマビューを楽しみながら朝食をゆっくりと取ろうと考えた私は、309mの高層 バイヨーク・スカイホテルの79階のレストランを訪れた。
ここは朝早くからオープンしていて朝食が頂ける。特にホテルの宿泊客でなくても顔パスで入れてくれるので気兼がない。

高層からのパノラマビューを見ながら朝食は格別だ

このバイヨーク・スカイホテルは88階建てでバンコクでは最も高層のホテルだ。
だがこの細いビルは今にも倒れてしまいそうで、恐ろしくも感じる。地震がない国は本当にこんな造りの建物で大丈夫なのだろうか?と毎回心配になってしまう。そういう面ではいかに日本の建物がしっかりとした造りかを、あらためて感じてしまう。

だが79階からの眺めは良い。
バンコク市内はもちろんのこと、タイ湾やワンナブーム国際空港まで見渡せるのだ。
さらに食事もしっかりとしていて美味しいこともあって、バンコクに訪れる際はほぼ毎回利用している。
今回も料理人に美味しいホットケーキを焼いてもらった。
食後のコーヒーを味わいながら景色を見ていると、今日はスーパーGT観戦をする前に、市内観光をしようと思った。


何でもありの大型商業施設には、フェラーリ、ポルシェ、マセラッティ、ランボルギーニなどの高級車の販売店が混ざっているLarge-scale commercial facilities with anything are mixed with sales outlets of luxury cars such as Ferrari, Porsche, Maserati, Lamborghini

SIAM PARAGON(サイヤム・パラグン) / タイ王国の首都バンコクのパトゥムワン区にある、大型商業施設(メガモール)。ラーマ1世通り沿いにあり、バンコク・スカイトレインのサイアム駅やサイアム・センターに隣接している。

バイヨーク・スカイホテルから出た後、東南アジア最大級のメガモール「サイヤム・パラグン」にやってきた。
サイヤム・パラグンは、2005年にオープンした総売り場面積50万平米を誇る、海外特有の何でもありの巨大なショッピングモールだ。
高級ブランドショップや地元ブランド・ショップ、映画館、水族館、レストラン街とまさに何でも揃った商業施設だ。
そして、その何でもありのショッピングモールには、フェラーリ、ポルシェ、マセラッティ、ランボルギーニなどの高級車の販売店まで混ざっている。
さすがは東南アジア。商売根性に驚くしかない。
あやうく私もショッピングモールで何か高級品を買う感覚で、展示されていたランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレッジェーラを買わされるところだった。
だが肝心のセールストークは「社長さーん、お殿様、忍者、王様、専務、、、部長!(部長は毎回ちょっと意味が違うと思うが)」と古めかしく、しつこい。心を鬼して勧誘を断る必要があるため、多くの日本人ははまってしまうかもしれない。

ランボルギーニが商業施設内で売られている


日本語をまねた看板が立ち並ぶ タニヤ通りTaniya street with signboards imitating Japanese

通りの看板は日本語が多い

世界に名を轟かすパッポン通りを抜け、次にタニヤ通りにたどり着いた。
タニヤ通りは東アジア最大級の日本人向けの歓楽街として名を馳せた場所だ。そのためここでは日本語のものまねのような看板が多く目に入る。それでも日本語が海外で浸透しているのは素晴らしいことだと思う。

これからスーパーGTの会場 Changサーキットまで4時間ほどタクシーで揺られていくことになる。
今までにも毎回、日本人用に丁寧で、慌てず、スピードを出さず、緊張を必要としない安全運転を頼んでいても、何度も緊張するシーン遭遇してきた。
今回もタクシーに乗る前にマッサージ店でたっぷりのマッサージを受けて心身をリラックスしてから移動することにした。


高速タクシーで4時間揺られ、やっとChangサーキットに着いた。

これから87号車、88号車はどういう戦いをしてくれるか?
期待と共にこの日のレースの為に1か月前から準備をしているスタッフの人達に尊敬の念と勝利の念を込めて、このヒューマンストーリーの戦いを観戦をする。

ホームへ戻る