人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

Hello!!メルセデスで一躍有名
ベンツAクラスの乗り味とは?

コクピットから見える世界

2019. 09. 06.

2019. 09. 06.

コクピットから見える世界

Hello!!メルセデスで一躍有名
ベンツAクラスの乗り味とは?

TVCMでも話題のしゃべるベンツHello ~メルセデス!
貴方も一度や二度TVで見たことがあると思う。
「いよいよクルマとも会話する時代がやってきたか」
そんな会話が繰り広げられていると思うが、そんな話題のAクラスのメルセデス・ベンツに乗ってみた。

メルセデス・ベンツのラインナップではもっともコンパクトなタイプだが、その乗り味はベンツなのか?また最新技術が導入されているのか?
そんな期待から乗ってみたが、想像を越えた走りの軽やかと、ドイツ車らしいハンドリングはさすがメルセデス・ベンツ!という印象を受けた。

Aクラスは、メルセデス・ベンツの低価格帯のグレードにあたる。
それでもしっかりした剛性やキビキビとした走りは健在で、走っていてストレスがないのが良い。
これなら買いたいと思わせるインパクトを持っているクルマだ。
車両重量が軽いためかハンドルを簡単に切ったり、加速したり減速したりが自由に出来る分、しっかり、どっしりしたメルセデスベンツという他のグレードとは少し感覚が違う。

Aクラスの購買ターゲット層は

カリフから見て、このAクラスはどういう人が乗るのに良いかというのをお伝えしたい。

  • 狭い道や裏路地などをよく運転する人
  • 普段使いの中で、買い物やちょっとしたことで運転する人
  • 高速道路を全く使わないで、普段使いの中でほとんど完結する人
  • 車にちょっとこだわりを持ちたい人
  • ベンツというメーカーの考え方に賛同する人
  • 専業主婦などで、子供の送り迎えにキビキビ使いたい人

逆に向かない人はどういう運転手かもお伝えしよう。

  • 普段、高速道路の移動が多い人
  • 仕事で長距離運転をよくする人
  • 仕事で車移動が多い人
  • 車の中を半分、仕事場的に使っている人

Aクラスはやはり小型な分、長距離移動などには向いていない。
これはシートホールド性の問題で、長時間のドライブにはお尻がしっかりホールドされすぎてることがタイトできつい印象を与えるだろう。
また高速道路などで100㎞のスピードを維持し続けるようなドライブでは、意外と思われるかもしれないがハンドルの軽さから、運転疲れしやすいとも感じる。

個人的に意外と残念だったのが、横長になった新型の埋込のナビだ。
ナビ上で車が上向きに走っているとき、横長になった画面に対して縦幅があまりないため、進行方向の情報が非常に見にくい。ワイドな画面で一見見やすさを感じるが、運転席からの視認性が良くないのはマイナスポイントだ。

このワイド画面は、新型のEクラスやSクラスでは当然のように大きいため非常に見やすいのだが、このAクラスに限っては幅広であることが見えづらさになっていると感じた。

トータルの完成度でいうと文句なし

車に触れる上で一番重要なハンドルグリップの質感が高く、内装もパネルなどの各装備の豪華さが他の海外ブランドより断然ゴージャスで質感が高い。
パネルメーターがデジタルで、切り替えが可能。次世代的なカッコよさがある。
ハンドリングのきめ細やかな切替や、アクセルを踏んだ時のレスポンスの高さから日常の運転操作に必要十分なレベルで、まったくストレスがかからない。
さらにメルセデス・ベンツらしい、グッと止まる安心のブレーキング。
そして小さいながらも感じるクルマ全体の剛性。

しかしAクラスは、乗る人が今までどんなクルマに乗っていたかでだいぶ使い勝手や印象は変わってくるかもしれない。
今まで日本車の小さなクルマしか乗ったことがない人は、すごい満足をする可能性もある。

逆に筆者のように様々な車を乗っている者からすると、更にトータルバランスを求める視点から上記のような点がこの車の印象になる。
ぜひこの記事を読んでメルセデス・ベンツのAクラスに興味を持ったら、一度試乗して体感みて欲しい。

ホームへ戻る