人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2017. 01. 10.

2018年発売予定のトヨタカムリはファミリーセダンの新章となる

スポーツカーはショールームに訪れた顧客を引き寄せますが、残念ながら今回は引き止めることができなかったようです。なぜなら多くの人々はよりエキサイティングなトヨタ カムリのもとへ行ってしまったからです。

Sports cars may be what bring customers into showrooms, but that’s not what they leave with. That honor goes to less exciting cars – like the Toyota Camry, which has just gotten a little more exciting.

2017年のデトロイトオートショーで明らかにされたのはトヨタ中型セダンの全く新しいバージョンでした。
人気のある(衰えていない)モデルは、2011年に現行モデルが発売されたときに現代的な一歩を踏み出し、2014年に顔を上げたときにもう一歩を踏み出したが、この最新のモデルでは大きな飛躍を遂げました。

Revealed at the 2017 Detroit Auto Show is the all-new version of Toyota’s mid-size sedan. The popular (if lackluster) model took a stylistic step forward when the current model launched in 2011, and another stride when the facelift arrived in 2014, but takes a much bigger leap with the introduction of this latest iteration.


日本の自動車メーカーの “Keen Look”デザイン言語を採用したCamryはとてもスポーティに見えます(まだ設計リーダーとは言いませんが)。 内部のスペースを犠牲にすることなく、しかし滑らかなプロファイルをカットしたことで地面に向かって低くフードをもたせています。

比較的スポーティなテーマで作られたカムリですが、ドライバー向きに作られたキャビン・スペースは、プレミアムなソフトタッチ素材と人間工学に基づいたシート配置により、高級なルックスとフィーリングを約束します。 また10インチのヘッドアップディスプレイ(7インチのディスプレイ)と8インチのセンタータッチスクリーンが新しいインフォメーション機能を搭載しています。

Adopting the Japanese automaker’s “Keen Look” design language, the new Camry looks sportier – for a Camry (though it’s still hardly what we’d call a design leader). It sits lower to the ground and with a lower hood to cut a sleeker profile without sacrificing interior space.
The relatively sportier theme continues inside with a more driver-oriented cabin space, and promises a more upscale look and feel with premium, soft-touch materials and more ergonomic seats. It naturally also incorporates new infotainment features, including a 10-inch head-up display, seven-inch instrument display, and eight-inch center touchscreen.


トヨタの新しいグローバル・アーキテクチャーをベースにした新しいカムリは、より高強度のスチールと新しい成形技術を使用したことで、車重を重くすることなく構造剛性を向上させました。 さらにトヨタの標準的なプリコリジョンシステム、歩行者検知、適応クルーズコントロール、車線逸脱警報(および修正)、自動高調波、ビームアシスト、10個のエアバッグやアクティブな安全機能のすべてが支援します。

Based on the Toyota New Global Architecture, the new Camry uses more high-strength steel and new molding technologies to improve structural rigidity without adding too much weight. That ought to make it both handle better and safer as well, aided by all the active safety features Toyota could throw at it – including standard pre-collision system, pedestrian detection, adaptive cruise control, lane departure warning (and correction), automatic high-beam assist, and ten airbags.

アメリカで最も売れ行きの良い車とは言えませんが、アメリカで15年間走っているカムリは3つのエンジンオプションで8世代に渡り、トレンドを打ち負かしています。
2.5リットルの4リットルと3.5リットルのV6があり、どちらも新しい8スピードオートマチックトランスミッションと組み合わすことができます。
これがトヨタでもちろんハイブリッドパワートレインがあります – 2.5に基づいて、CVTで対にされます。

購入者はLE、XLE、SE、XSEと呼ばれる4つのトリムレベルの中から選ぶことができ、後者の2つはとてもスポーティな外観を採用しています。
より多くの運動様式の選択肢は新規の購入者を誘惑するのに十分だと考えます。

The best-selling car (though not the best-selling vehicle) in America for 15 years running, the Camry enters its eighth generation with three engine options – and bucking the trend, none of them are turbocharged. There’s a 2.5-liter four and a 3.5-liter V6, both mated to a new eight-speed automatic transmission. And this being a Toyota, of course there’s a hybrid powertrain – based on the 2.5 and paired with a CVT.

Buyers will also be able to choose between four trim levels, dubbed LE, XLE, SE, and XSE, with the latter two adopting a sportier appearance. Whether the more athletic look will be enough to lure new buyers remains to be seen, but one way or another the Camry isn’t likely to be knocked from its perch any time soon.

翻訳元:CARSCOOP

CARIFEニュース一覧へ