人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2018. 02. 27.

新型McLaren Sennaの詳細発表!

マクラーレンから新型スーパーカー「Senna」が発売される。
伝説のF1レーサー、アイルトン・セナの名を冠したスーパースポーツモデルの驚愕のスペックが、ジュネーブモーターショーにさきがけて公式発表された。


マクラーレンDNAを象徴する究極のマシン

マクラーレン 最高経営責任者マイク・フルーウィットはマクラーレン・セナの開発コンセプトを次のように語っています。

「McLaren Sennは比類なきマシンです。マクラーレンのモータースポーツでのDNAが具現化されており、公道での走行も可能ですが、そもそもはサーキットでの最高のパフォーマンスを目指してデザインおよび開発されました。
このアルティメットシリーズの新モデルに込められた全ての要素が、優れたパフォーマンスを生み出すための妥協なき姿勢を示しています。このマシンには、ドライバーとマシンとの絆を可能な限り純粋な形で結実させるための工夫が凝らされており、サーキットにおける究極のドライビング・エクスペリエンスはまさにマクラーレンならではのものです」

エンジンは最高出力800ps/7,250rpm、最大トルク800Nm/5,500-6,700rpm。
0-100km/h加速をわずか2.8秒で到達する。
この数値はMcLaren P1と同等のタイムだが、P1がモーターによるアシストで最高出力916psを得ているのに対して、Sennaは4リッター V8ツインターボエンジンの内燃エンジンのみで同じ加速タイムを実現している。(0-200km/h 6.8秒も同等)

停止状態から1/4mil(402m)に到達するまでにかかる時間はわずか9.9秒。
最高速度は340km/hが公表数値で、サーキットのダウンフォースは800kgに達する。

コクピットはドライブ、ニュートラル、リバースを選択するモジュールがインパネではなく、ドライバーシートに固定されているのが珍しいつくりだ。その結果、モジュールはドライバーシートとともに移動し、制動部分が常に手の近くに存在するように設計されている。ユニークなポイントとしては、ドアのリリースメカやウィンドウの開閉スイッチがルーフ中央部分のパネルにとりつけられているところだろう。

Sennaは総生産台数500台。価格は67万5000ポンド(日本円で1億7600万円)
昨年末12月の発表時点でオーナーはすべて決まっているため、今から新たなオーナーになること残念ながらできない。

引用元: McLaren公式サイトCARIFEニュース一覧へ