人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2018. 03. 01.

アウディ 第5世代の新型「A6」発表

アウディは2月28日、新型「A6 セダン」の概要を明らかにした。実車は今年3月のジュネーブモーターショー2018で初公開される予定だ。

「A6」はアウディのミドルクラス車で、現行型は4代目で2011年1月にデトロイトモーターショーで発表されたモデル。つまり今年発表される新型はフルモデルチェンジで5代目となる。
新型A6セダンには、新型「A8」、「A7スポーツパック」に導入されたアウディの最新デザイン言語が取り入れられている。
フロントのシングルフレームグリルは大型化されたことで、表情に力強さがある。空気抵抗係数をしめすCd値は0.24。決して見た目だけの変化ではなくエアロダイナミクス性能が向上していることも数値で表されている。

ボディサイズは全長 4,939mm × 全幅 1,886mm × 全高 1,457mm。現行モデルと比較し7mmほど長くなり、12mmワイドで、2mm背が高くなっている。
ボディサイズが大型化されたことで室内空間は拡大した。後座席の足元や頭上、肩周りのゆとりが広がり快適性が向上している。アウディによると後席足元の空間は、主要な競合車と比較した場合、新型A6が凌ぐとのことだ。前席には、マッサージと空調機能がオプションで選択可能となっている。
トランクリッドは、ドライバーが足をキックさせる動作で電動で開くようになっている。

欧州仕様のモデルは、発売当初にガソリンとディーゼルの2ユニットを用意するとのこと。
ガソリン仕様車は直噴3.0リットルV型6気筒ターボ「TFSI」を搭載。最大出力340hp、最大トルク51kgmを引き出し、0-100km/h加速は5.1秒で到達する。最高速度は250km/h(リミッター作動)の性能を発揮。

全エンジンがマイルドハイブリッドを採用している。
48Voltの電源死システム、BAS(ベルト・オルタネーター・スターター)、リチウムイオンバッテリーを組み合わせ、55~160km/hの範囲で走行中はエンジンを休止させ燃費を稼ぐ。
エンジンのスタート/ストップ機能時も、幅広い条件で作動。また減速時はBASが最大12kWのエネルギーを回生する。
このマイルドハイブリッドにより、実走行では100kmあたりに最大0.7リットルの燃費消費を削減できるとのことだ。

CARIFEニュース一覧へ