人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2018. 06. 04.

ドイツのメルセデス
新モデル GT Sロードスターを発表

ドイツのメルセデス・ベンツが、AMGブランドのフラッグシップモデル「AMG GT」のラインアップに新しいグレードの「AMG GT Sロードスター」が加える発表した。

新しいGT S ロードスターは、従来のGTロードスターとGT Cロードスターの間に位置するモデルで、パワーユニットはクーペ版GT Sと同様に4リッターツインターボV8エンジンを搭載し、522psを発生させる。オープンボディを3.8秒で100kmまで引き上げる性能だ。

これはGT Cロードスターからわずか0.1秒のビハインドとなり、かなりの速さといえるだろう。また、670Nmの最大トルクを1900-5000rpmという幅広い範囲で発生し続ける柔軟性も見事で、あらゆる回転域で充実したトルクの効果を発揮しそうだ。

トランスミッションは、他グレードと同じ7速DCT「AMGスピードシフト」を組み合わせたものとなっている。

その他の走りの質を高めるデバイスは、GT Cロードスターと一緒でパフォーマンスエグゾースト、電子制御リアデフ、アダプティブダンピングシステムなどが挙げられる。コーナリング時の回頭性を高めるとともに低速時の取り回しを良くするリアアクスルステアリングもオプションとして設定されている。

リアタイヤは、上質なオープンエアモータリングを堪能するグレードであることをうかがわせる。GTロードスターと同じ19インチを標準装備し、オプションで20インチを選択した場合でもGT Cロードスターの305幅に対して295幅のタイヤが装着されている。

GT Sロードスター、ローンチは本年7月が予定されている。GT、GT-S、GT-Cすべてにクーペとロードスターが設定されたこと、クーペには徹底的に走りを突き詰めたGT-Rも用意されているのを考えるとメルセデスのプレミアムスポーツ戦略に隙の無い印象だ。

引用元: carviewCARIFEニュース一覧へ