人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2019. 05. 22.

進化していくトヨタのスポーツカー、GRスープラは驚きの燃費性能

5月17日、トヨタのGRスープラのメーカー希望小売価格などの詳細情報が発表された。

もともと注目度の高い車種だが、今回の正式発表によって明らかとなったGRスープラの燃費性能は予想外に優れた数値を示していて、例年よりさらに注目されているようだ。
クルマ好き、スポーツカー乗りにとっては、6気筒と4気筒のターボエンジンを搭載する2シーターであるスープラに燃費性能に重要視する人は多くないだろうが、時代の移り変わり、技術進歩を感じさせる点では、気になるところだ。

GRスープラは、最高出力250kW(340馬力)の6気筒ターボでもWLTCモードで12.2km/Lを実現。同じトヨタのスポーツカーである「86」のAT車凌ぐ優れた数値である。
燃費性能は、「86」のMT車は12.8km/LでAT車が11.8km/Lに対して
GRスープラは4気筒ターボの燃費はハイパワー版で12.7km/L、エントリーグレードでは13.1km/Lとなっている。要因としては、8速ATと組み合わせていることで好燃費を実現しているのだろう。スポーツカーとしては存外に優れた燃費性能だと言える。

力や燃費の他にも、GRスープラには着目したい性能が豊富だ。
86には装備されていない追従クルーズコントール(ACC)や衝突被害軽減ブレーキ(AEB)などの先進運転支援システム(ADAS)が全てのグレードに標準装備されている。
AEBはミリ波レーダーと単眼カメラをセンサーとして併用するタイプで、ACCは渋滞にも対応する全車速追従機能付き。

「低燃費で優れた環境性能を持つ車」が数多く登場している中、GRスープラは非電動のスポーツカーとしては最後の新車になるのではないかと考える人も居る。当然のことながら、次期の後継型ではさらに環境性能を考慮し、かつ力強さと安心・安全を兼ね備えた「優等生スポーツカー」となるだろう。

引用元: carviewCARIFEニュース一覧へ