人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2019. 05. 10.

アストンマーティン、ザガート創立100周年を記念車を発表

アストンマーティンは4月19日、コーチビルダー「ザガート」の創立100年記念限定車「ヴァンテージV12 ザガート・ヘリテージ・ツインズ」を、発売すると発表した。

「DBS GTザガート」及び「DB4 GTザガート・コンティニュエーション」に続く今回のヴァンテージV12 ザガート・ヘリテージ・ツインズは、2011年に生産された「ヴァンテージV12」の復刻モデルとなっており、クーペとスピードスターが各19台限定で生産予定とのこと。

スタイリングは、ザガートのヘリテージに則り、ダブルバブル形状のルーフからリアエンドなど50~60年代風のネオクラシックなディテールを採用している。これは、クーペの完璧な造形のシルエットを、スピードスターは純粋性を突き詰めた結果のデザインだということだ。

 

限定車は、Vynamic社が製作を担当。
当社は、ハイパーカー「ヴァルキリー」の開発に携わったAF Racing社の子会社でDTMシリーズで活躍するヴァンテージDTMのオペレーターである。AF Racing社に関しては、
限定車は、レースシーンでもアストンマーティンとのコラボで実績を挙げていて、出来栄えに大きな期待ができそうだ。

実車はVynamic社が、顧客、ザガートおよびアストンマーティンと密接なコミュニケーションを取りながらオーダーメイドで一台ずつ手作りしていくとのことで、オーナーは先のDBS GTザガートなどと同じく必ず2台ペアで注文することが必要となるとのこと。

引用元: carviewCARIFEニュース一覧へ