人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2019. 04. 19.

渋滞で手が離せる!!
BMWがハンズ・オフ機能付き自動運転車を導入

4月10日、BMWは国内向けモデルとして初となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両を、今年の夏以降に導入すると発表した。

近年、EV化と共に開発が急速に進む自動運転技術。
これまでBMWは、カメラが車線と前方車両を検知したり、車線の中央付近を走行するようにステアリングを自動でアシストする「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」やミリ波レーダーなどにより前走車や道路の車線を検知し、前方の車両との車間距離を維持しながら自動で加減速を行う「アクティブ・クルーズ・コントロール」などを導入しているが、それらはドライバーがステアリングを握っていることが前提であった。

それに対して、ドライバーが完全にステアリングから手を離した状態で走行可能なハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能は、高速道路での渋滞時で前方を注意し必要な場合には直ちにハンドルを操作することができる体勢であるという条件が付くものの、「自動運転」にまた一歩近づくシステムといえよう。

自動運転レベルでいうとテスラ「モデルS」や技術的に対応しているアウディの「A8」と並ぶ「2」だというが、現在改正が進められている道交法が成立するとレベル「3」までが公道で走行できるようになる為、それをきっかけに他メーカーでも続々と同等のモデルやそれ以上のものが登場するだろう。

「完全自動運転」が実現するには、まだまだこれからではあるが、日々技術と生活が進歩している実感と未来への期待は膨らんでいるのは、間違いない。

引用元: carviewCARIFEニュース一覧へ