人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

2019. 03. 01.

メルセデスベンツ SLCの最終仕様を
ジュネーブモーターショー2019で発表予定

スイスで3月5日に開幕するジュネーブモーターショー2019において、現行メルセデスベンツ「SLC」(Mercedes-Benz.SLC)の最終モデル、「SLC 300ファイナルエディション」が初公開される。

SLCはメルセデスベンツの小型オープンスポーツカー、『SLK』の大幅改良をしたモデルである。
現行のSLKは3世代目のモデルで、2011年に発表。2016年に行われた大幅改良を機に『SLC』に名前を新しくし、今回発表される「SLC 300ファイナルエディション」は、現行SLCのおよそ8年間の歴史で最後のモデルとなる。

ボディカラーは、1996年に発表された初代SLKに用意された「イエローストーン」のボディカラーへのオマージュとして、「サンイエロー」を採用。このサンイエローをはじめ、ポーラーホワイト、ダイヤモンドホワイトの2カラーでは、トリムストリップの下側がブラックの仕上げとなる。加えて、ドアハンドル、ドアミラー、リアブレース、足元のアルミホイールにも、光沢ブラック仕上げが施される。
鮮やかなカラーによって存在感を出す全体に対して、黒色を使った細部でそれを引き締めるような配色だ。

また、ブラック、オブシディアンブラック、セレナイトグレーのボディカラーの場合には、AMGスタイリングのフロントバンパーの下側に、シルバークローム仕上げのトリムストリップが装着されている。

SLC300ファイナルエディションは、「AMGライン」仕様となっており、AMGスタイリングのバンパー、10mm車高の低いスポーツサスペンション、穴あきブレーキディスクとメルセデスベンツのロゴ入りフロントキャリパーを備えた大容量ブレーキシステムが標準で装備される。

インテリアは、スポーツシート、ドアトリム、ドアセンターパネルなどアルパカグレーのトップステッチを施したブラックとシルバーパールのツートン仕上げで素材はナッパレザーを採用。
シートベルトもアルパカグレー。ヘッドレストは、カーボンファイバー調のレザー仕上げで、シートバックの上部には「SLC Final Edition」の文字が入っている。

オートマチックトランスミッションのセレクターレバーは、カーボンレザーで覆い、「SLC」文字が入っている。
インストルメントパネルとセンターコンソールのトリムは、アルミ仕上げで明るい印象に。
標準装備のマルチファンクションスポーツステアリングホイールは、
グリップ部分に滑らかなナッパレザーとカーボンレザーを組み合わせた仕様。

SLC300ファイナルエディションには、直噴2.0l直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は245hp、最大トルクは37.7kgm。0~100km/h加速5.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)となっている。

引用元: responseCARIFEニュース一覧へ