人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

【CARIFE × クルーズプラネット コラボ企画】
世界遺産バルセロナとコートダジュール、
プロヴァンスを巡る地中海クルーズ9日間

PICKUP , Special Contents , 車✕旅 , 車✕海外 , 車✕非日常

2018. 10. 29.

2018. 10. 29.

Special Contents

【CARIFE × クルーズプラネット コラボ企画】
世界遺産バルセロナとコートダジュール、
プロヴァンスを巡る地中海クルーズ9日間

オプショナルツアーは「モナコグランプリ」観戦

CARIFEだけの贅沢なクルーズ旅。船と車を愉しむ9日間

クルージングの旅行会社クルーズプラネット様とのコラボが実現。車も船も旅行も全てが一度に楽しめる 贅沢で欲張りな企画をご用意いたしました。ぜひこの機会にご参加ください!

地中海周辺のスペイン、フランス、イタリア、モナコのヨーロッパ4カ国をクルージングとドライブで巡るツアー企画。 船で各寄港地まで行き、そこからはレンタカーで観光地を回ります。 海でも陸でも最高の風を感じられる今までにない海外旅行を愉しんでみませんか?

バルセロナやエクス・アン・プロヴァンスといった世界遺産をはじめ、芸術に溢れた街中を優雅にドライブ。 車だから行けるレアな場所、かっこいい車で感じる雰囲気、これまでになかった出会いとあなただけのドライブライフが9日間で味わえます。 車好きには必見の「世界3大レース」の1つに数えられるF1モナコグランプリの観戦は、CARIFEだから実現した一押しのプランです。

クルージング専門の旅行会社、クルーズプラネットが最高の旅をあなたにご提供します。地中海の海を豪華客船で回り、一流の料理に施設、黄金の夕日が映る360度の海景色など素晴らしいひと時です。

 

ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナ。サグラダファミリアが特に有名ですが、それ以外にもグルメ、スポーツ、アート、ファッションと様々な角度から旅行者を魅了してやみません。

 

サクラダファミリア(写真左)

いわずも知れたバルセロナのシンボルと言えば、ここサグラダ・ファミリア。 バルセロナに旅行で来る人の実に97%、年間300万人が訪れると言われる屈指の観光スポットです。 本物を目にしたときの感動は一生の思い出になること間違いなし。

カサバトリョ(写真中)

完成当初は、見た目の強烈さゆえに「骨の家」と皮肉交じりに名づけられたマンションでしたが、現在では観光客を魅了するスポットとなっています。場所はグラシア通りと言うブランショップや老舗ホテルが並ぶバルセロナの目抜き通りでアクセス最高。近くにある同じガウディ作品の「カサ・ミラ」とは人気を二分。2005年にユネスコの世界遺産に登録。 カサミラ(写真右) ガウディが残した、最後の完成作品がこのカサ・ミラ。この集合住宅は現在でも一般住居としても使われていて、4世帯がはいる世界遺産マンションはここだけ。ところで家賃は3世代に渡り値上げをしないという条件を売りに賃貸契約がなされ家賃は当時からほとんど値上げされず、300㎡のマンションがなんと日本円で15万円、相場の10分の1ほど。

 

リボルノ(写真左)

リボルノはフィレンツェ やピサの海の玄関港として知られています。 イタリア・ルネサンスの間『理想都市』と定義づけられていた。今日、ヴェネツィアの一地区を誇張したような、運河が交差し、要塞化した市壁に囲まれ、通りがもつれる近隣住区の構造を通してその歴史が明らかになっています。

 

フィレンツェ(写真中,右)

イタリア共和国中部トスカーナ州にある都市、フィレンツェ。 花のように美しいとされる古都フィレンツェの名の由来は、ローマ時代につけられた「フロレンティア(花の女神)」に由来します。 ルネサンス期、この都市が始まりで文化の復興が始まり、経済活動、芸術活動に大きな影響を与えました。 ルネサンスの原点であるフィレンツェは、歩くだけで数々の歴史を感じることができます。歴史や文化を感じながら、フィレンツェの街並みを走り抜けてみてはいかがですか?

 

フランス南東部、イタリア国境に近い地中海岸の小国モナコは6つの地区から成り、モナコ大公宮殿が建つ旧市街をモナコ ビル、カジノや高級ホテルが建つ新市街はモンテカルロと呼ばれます。気候温暖、風光明媚な世界的保養地。カジノ、モンテカルロ ラリー、グレース王妃で有名。モナコと言えば、名前を知らない人でも、街の中がそのままレース会場になっている場所といえばわかるほど、「F1モナコグランプリ」の開催地として有名です。

 

F1サーキット(写真左)

「世界3大レース」の1つに数えられるF1モナコグランプリ。会場となるのは、高級リゾート地として名高いモナコの公道に特設されるモンテカルロ市街地コース。1950年のF1世界選手権発足当時とほぼ変わらないコースで開催され続けている貴重なGPです。地中海のリゾート地として人気があり、夏場にはヨーロッパ各地から、避暑の客が大勢詰めかけます。

 

プロヴァンスの人々は「カシを見ずしてフランスを語るな。」と言うそうです。 Cassis(カシ)という港町はCôte d’Azur(コートダジュール)と呼ばれる風光明媚な海岸にあります。小さな港町ですが、フランス人観光客が沢山訪れる避暑地です。
また、カランク周遊ツアー、トレッキングやロッククライミング、海水浴もでき、他にも アクティビティの提案がいくつもあるので、自分にあったものが選べるのもいいところ。ここではぜひ海岸沿いのドライブを楽しんで。

 

エクスプロヴァンス

エクス・アン・プロヴァンスは、町そのものが歴史の本のよう。街中を歩いて回るだけで、その優れた歴史や文化遺産を見ることができます。旧市街、ミラボー大通り、マザラン地区には、宝物のような噴水や、個人邸宅、庭、美術館などが隠されています。1839年印象派の巨匠ポール・セザンヌが生まれ、1906年その生涯を閉じるまで描き続けたエクサンプロヴァンスの自然が残る水と芸術の町。町から一歩外に出れば、イトスギやブドウ畑、オリーブ畑が点在するペイ・デックスの典型的なプロヴァンスの風景が広がります。まるでセザンヌの絵の中を旅するかのように、急斜面に 建つ村々や史跡を見て回ることができるのです。

 

企画の詳細はこちら

(C)モナコ観光協議会

ホームへ戻る