人生の娯楽に必要なのは、車です。

CARIFE(カリフ)HOMEへ戻る

  1. 広告掲載について
  2. お問い合わせ

7月12日~15日イギリスで開催!
グッドウッドフェスティバル・オブ・スピード 

Goodwood Festival of Speed 2018 , PICKUP , Special Contents , WOT , 車✕旅

2018. 07. 12.

WOT www.facebook.com/wot2016
WOTは、プロ・アマ問わず憧れのサーキットへ、独自のカリキュラムとアクティビティーを融合させ、参加されるドライバーをナビゲートする、企画プロジェクトです。

12th-15th July 2018 Good Wood Festival of speed

今年25回(年)目となる2018 Goodwood Festival of Speedの取材レポートを

カリフ×株式会社TRANSIT ENGINEERING JAPAN

WOT企画「世界で遊ぶ!」

から、お届けします!

車好きの読者目線を意識したレポートを今回も楽しく行ってきます!
「CARIFE」のWOT企画などオープニング時から車好きに楽しんでもらおう!と盛りだくさんの企画を行っております。
2018年のWOT企画「世界で遊ぶ!」レポートを今回もワクワクしていただける様にお届けしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

現地に向かう前に簡単に!
「Good Wood」の場所・歴史をかいつまんで(笑)

フェスティバルの主催者はリッチモンド公爵家。(家柄のとても良い大富豪です)

リッチモンド公爵家を補足をすると、グレートブリテン島南岸 チチェスター北部の丘陵地に12,000エーカー(約0.12907977日本総面積!)の広大な私有地を持ち、カントリー・ハウス (Goodwood House) や牧草地、リゾートホテル、ゴルフコース、グッドウッド競馬場、グッドウッド・サーキット、チチェスター・グッドウッド空港などを所有しています。

日本ではとても考えられないような壮大なスケールです!

この場所での始まりはイングランドのウェスト・サセックスにある。とてものどかで緑の多い良いところ!
最初の大会は1993年6月13日に開催されました。
もちろん大会は大成功に終わり、現在までの開催にいたっています。

第11代リッチモンド公爵チャールズ・ゴードン=レノックス(英語版)は、祖父第9代リッチモンド公爵フレデリック・ゴードン=レノックス(英語版) が建設したサーキットを復活させました。また公自身も熱心なレース愛好家であることから、私有地を開放して、古き良き時代のレーシングマシンの魅力を楽しむことのできるイベントを企画。
これがコンセプト!いわゆる道楽の極み企画。

それでは、今回のレポートを第3ストーリーに分けてGood Wood Festival of speedからの取材をレポートしていきます。次回は、7/20 頃から第1ストーリーをお送りする予定です。楽しみにお待ちください!

Presented By
㈱TRANSIT ENGINEERING JAPAN WOT企画
静岡県御殿場市保土沢1157-103 TEL /FAX 0550-88-1881
URL http://www.transit-w.net

 

WoTへのお問い合わせはこちら

TRANSIT engineering JAPAN
Hiroto Watanabe

1990年レーシングチーム(ムーンクラフト)にてレーシングメカニックとして参加。F-3000/GrA/F-3など国内トップカテゴリからミドルクラスまで幅広くサポート。2000年、オーナードライバーの車両サポート全般を請け負うTRANSIT engineering JAPAN設立。2005年よりフランス(ルマン24h)、ドイツ(Nur24h)など海外のレースのサポートも開始。スペイン、オランダへも遠征。2012年より、ドイツ(ニュルブルクリンク)の素晴らしさを伝えるレースプログラム「World Opportunity Trip」を開始。多くのモーターファンにドイツの車文化を伝えている。

  • TRANSIT engineering JAPAN
  • Office:〒412-0041 静岡県御殿場市ぐみ沢11-22 303
  • Factory:〒412-0046 静岡県御殿場市保土沢1157-103B1
  • tel/fax:0550-88-1881
  • E-mail:transit@peach.ocn.ne.jp
  • Facebook:Hiroto Watanabe / WOT2016
  • Web:http://transit-w.net/
ホームへ戻る